システムの特長

販売管理システムには次のような特長があります。


販売管理に必要な様々な機能を持っています。メニューはカテゴリーをグローバルメニューから選択し、カテゴリー内の機能をローカルメニューから選択する、直観的な操作が可能なわかりやすい構成です。


ユーザー毎によく使うメニューをお気に入りに登録できます。またログインユーザーが入力した伝票だけを納品書やチェックリストの出力対象にできます。


売上伝票や入金伝票を入力するだけで納品書や請求書の発行、在庫の更新ができます。日次更新や請求更新は不要です。


伝票入力画面には得意先や伝票番号、締日のほか、分類情報や得意先摘要、注文番号、プロジェクト名、納入先名、売掛残高、直送仕入先名、在庫数量など、豊富な情報を表示します。これらは画面上で変更が可能です。また、フォーカスに応じた機能をファンクションパネルから選択して起動できます。


商品登録や得意先登録、仕入先登録、プロジェクト登録から該当項目のコンテンツフォルダを開くことができます。ここには該当項目に関する資料を保存します。


商品登録画面にイメージを表示することができます。またメニューの背景を好みの画像に変更できます。


伝票参照や請求書参照、元帳参照から伝票を呼び出して修正できます。修正した内容はすぐに参照画面に反映します。


各種管理表は印刷・プレビューに加えCSV形式でエクスポートできます。また帳票毎に使用プリンタや用紙サイズを指定できます。


納品書や請求書、見積書、注文書、送り状等のレイアウトを自由に設計できます。


各種伝票の入力、修正、削除を行った際の伝票操作ログを出力することができます。出力された伝票操作ログは伝票操作ログ参照で参照します。


売上伝票と仕入伝票を同時に起票する直送伝票や子会社に売上を計上して親会社に請求する一括請求、締日やコードが変更された時の締日変更やコード変更、得意先毎の売上単価を管理する専用単価、得意先毎や伝票毎の消費税計算方法の変更、売上を入金で消し込む入金消込など、販売管理に役立つ様々な機能が用意されています。